リスクを最小限に抑える不動産投資信託~プロに任せてリスク分散~

不動産

初心者に向いている

貯金箱

建築関係のファイナンスの一つとして不動産投資信託があります。不動産投資信託はReal Estate Investment Trustと訳す事ができ、略称としてREITと呼ばれる事があります。ファイナンスの一角なので難しく考えている方も多いですが、簡単にまとめると大勢の投資家から資金を募って不動産を購入し、その購入した不動産から生じた利益を配当金として分配するシステムの事です。購入する不動産の価値によって貰える金額が変動しますし、投資した額によっても貰える額が変わってきます。不動産を一人で購入するのは難しいですが、不動産投資信託によって皆で分配すれば高い不動産でも購入出来るようになります。小さな積立でもいずれは大きくなりますし、戦略のやり方によっても戦況がどんどん変わりますので、不動産投資信託の魅力に取り憑かれる人が増えているのです。

不動産投資信託はファイナンス初心者の方にとっても始めやすい方だと言われています。その理由として、始められる金額が安いというものがあります。不動産関係で投資をする場合は、最低金額として数百万円からスタートするのが基本的です。そのため、一部の方しか参加出来ないので敷居が高いというイメージが定着してしまったのです。しかし、不動産投資信託であれば、投資する不動産によっては数万円から開始出来ますので、大きな失敗も少なく、無難な金額でスタート出来るので初心者向けと言われています。不動産関係やファイナンスに興味があってもなかなか手が出せなくて立ち往生しているのであれば、不動産投資信託からスタートしてみると良いでしょう。不動産に対する知識がつくと共に、ファイナンスの楽しみが見い出せるようになるかもしれません。